2008年04月25日

那智勝浦 旅行記その2

今日は寒かったですねー、って関西だけですかしら??
寒かったので夕飯は鍋でした。
もうそろそろ鍋の季節もさよならを告げようとしてるので、名残惜しいです。
でも我が家ではクーラー効かせて夏場に鍋します。

ところで、「眠り姫」mp3リクいただき、誠にありがとうございます!
恥ずかしげもなくupしましたので、よろしければお聴きくださいませvv
http://natadecocoseven.seesaa.net/article/93225873.html
※ページ真ん中らへんのプレイヤーです。

さて、那智勝浦 旅行記第2弾を始めようと思いますが、
最初に注意書き。
多分めっさ長くなる。
お時間頂戴しまして申し訳ありませんが、何卒お付き合いいただければ幸いですvv

いきまーす!

もっと、高めて果てなく 心のおくまで・・・じゃなかった!!

そうそう、旅行二日目ね。
ようやく私ご希望の寺めぐりなわけです。
かねてよりずーっと行きたくてしょうがなかった、熊野です。

まず、那智大社に行くために「大門坂」という熊野古道を通ります。
道というより、石段。
その入り口に堂々とたたずむ「夫婦杉」
これは、杉の大木が仲良く左右にそそり立っておりまして、まるで夫婦のようなので、読んで字の如く夫婦杉。

osugi.JPG

ここが大門坂のスタート地点であります。
その横に御茶屋さんがありまして、ついにお待ちかねのコスプレ。
いや、平安衣装!!
10分ぐらい悩んだ末、おかんに背中をどつかれ、やってしまいました。

そして念願の熊野古道ですよ!!!!!
もう、すんごいの!
自然いっぱい。
興奮しすぎて写真が多すぎる。
その中から厳選したものを披露いたします。

kumano1.JPG

kumano2.JPG

kumano3.JPG

この階段をね、頑張って上ってきたの。
30分ぐらいかけて。
ちなみに、平安衣装で散策プランもあったんだけど、絶対無理やから!!
しんどいって、マジで!!

階段を上りきったご褒美は、こんな絶景でした。

yama.JPG

ね、頑張った甲斐があるでしょ??

ここでようやく那智大社にたどり着けるわけです。
結構長かったねw

nachi1.JPG

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある神社。
熊野三山の一つ。熊野夫須美大神を主祭神とする。
かつては那智神社、熊野夫須美神社、熊野那智神社などと名乗っていた。
また、熊野十二所権現や十三所権現、那智山権現ともいう。


wikiより。

すごく綺麗な、私の大好きな朱色のお社でした。
なんと、桜がまだ咲いてたの。
丁度満開。
待っててくれたのね、ありがとう♪などと、勝手な解釈で喜ぶ。

そして、写メの奇跡の1枚。
※他の写真はあんまり機能よくないデジカメショットです。
20080420133636.jpg
なんだ、このオーラのようなモヤは!!!
たぶん、逆光のせい。
でも綺麗じゃない!?

なんか写真だらけですんません・・・。
相変わらず写真だらけで続きます。

で、那智大社のご神体、那智の滝です。
先日の大雨のお陰で、スゴイ勢いの迫力のある滝を拝めました。

滝までの道すがら、三重塔があります。
このショットはお気に入り。
tou.JPG

ようやく滝。

taki.JPG

すごいしぶきで、マイナスイオンいっぱい浴びてきましたよ♪
これで少しは煩悩の数が減ってればいいんですが、
おそらく増える一方です。
余談ですが、那智大社で今年初めてのおみくじを引きました。
一番で、大吉!
いいじゃないですか!!
良い方角:東の方に幸あり。
相方に見せたところ「よかったやん、東方やで!!」と。
その解釈は私にはなかった・・・どうも、ありがとう。

ずっとこんな感じで、ほとんど写真ばかり撮ってました。
というか、写真撮る、山登る、拝むの繰り返し。
昔の人ってすごいね。
私は途中までバスを使ったけど、みんな歩いてたんだぜ??
と思うと、感慨深いです。

相変わらず一日の疲れを温泉のはしごで癒しました。
露天風呂から出て、ママンを待ってる間、丁度月が昇ってきて、
海に写る月影がとても綺麗でした。
初めて見たよ、ムーンリバー。
残念ながら、写真に収めようとしましたが、ただの点にしかなりませんでした。
くそぅ。

そんなこんなで、寺めぐりな二日目終了。
三日目は明日に続きます。
また写真だらけですが、お時間ございましたらお付き合いくださいませ。

最後になりましたが、おまけ。
心の広い方、心臓の強い方のみどうぞ。
























heian.jpg

どうか、笑って許してください。
※ちゃんと撮ってる写真もあります。
 平安衣装をバカにしてるわけでは、全くありません、むしろ大好きです。
 ただ、関西人の血が騒ぎ出してしまったので・・・・。
 ちょっとした悪ふざけです、すみません。
posted by ココリーヌ at 00:13| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 現実逃避〜旅情篇〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

那智勝浦 旅行記その1

今日、本屋、新刊台にて・・・

オトメン-乙男- が実写化しそうな、
確信めいた予感が唐突に脳裏を激走しました。
実写もほどほどに・・・ね?

しかしこの作者の絵がねー、いいんだわ。
オトメンも好きだけど、個人的には新撰組を扱った過去の2作品が大好きです。
歴史好きにはたまらんのですよ。

というわけで、歴史・寺社仏閣フェチな私が、ママンと先週末に行った旅行レポの開始です♪
長くなるので、分割でお届けします!

今回は母希望の「温泉」+私希望の「寺社仏閣」を満たすため、
行き先は和歌山の那智勝浦に決定でした。
このプランがすっごくよくてね?
新大阪からの往復交通費+2泊分の宿泊費+初日夕食+朝食2回分で、
なんとお値段19800円也。

安 す ぎ 。

お宿がすごかったのよ。
「ホテル浦島」
っていう、半島全部が敷地になってて、浦島丸くん(船)でホテルまで行きます。

urashimaru.JPG

お風呂がいっぱい。
入り放題。
まーまー、ホテルのサイト見に行ってみてよ!!
どんだけ広くて、どんだけ風呂多いか分かってもらえるはず。
でも、昭和の薫り満載で、第一印象は「規模のだいぶでかいスーパー銭湯」でした。
フロントでムームー渡されるんじゃないかと思ったわw

そんなこんなで、1日目は15時ぐらいに宿に着き、ひたすら温泉巡るめぐる。
1日目にして3回風呂入りました。
どんだけよ、マジで。
ちなみにこの旅行で合計6回風呂入りました。
お陰で未だにちょっと硫黄のにおいが身体からするような気が・・・;

夕食はバイキングで、点数的には、うーん・・・60点ぐらいかな。
もう少し、そこでしか食べれないお料理が出ても良いと思った。
まあ安いのでそこは仕方ない。
全て美味しくいただきましたvv
でも、ほとんどマグロしか食べてません。
でもマグロ食べるとさ、ご飯欲しくなるじゃない??
体重?
ま、しょーがないよねw
って笑えないから!!

しこたまお腹いっぱいご飯食べて、その日はさすがに即寝。

疲れた身体をゆっくり休めよう・・・・と思ってたのに、翌日早朝5時におかんにたたき起こされる。
「朝日を拝みに行きましょう」

へーへー・・・了解しやしたなどと寝ぼけ口調で付いて行ったその先は、
海の見える洞窟のお風呂。
しかも東向き。

おばあちゃんとかさ、いっぱいいてね、朝早いのに。
みんなずーっとご来光を待ってんの。
めっちゃ頑張ってお風呂入ったまま待ってるの。
これさ、朝日見えた瞬間拍手したり手を合わせて拝んだ方がええんかな・・・と言いかけたそのとき、
見事なでかい太陽が顔をだした。
まずみんな拍手喝さい。
その後回りのおばあちゃんは一様に手を合わせておりました。
でも日の出は素晴らしかったです、本当に。
こんな経験滅多に出来ないので、起こしてくれた母にありがとう。
しかし、ぽけーっとまっぱで立ったまま朝日に見惚れる皆さん、
まるで裸族のようでしたよ。

というわけで、2日目はいよいよ歴史探訪篇です。
長くなりそうなので、明日に続きます!
まさかのコスプレ!?
ご期待ください♪♪


posted by ココリーヌ at 23:45| 兵庫 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 現実逃避〜旅情篇〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。